奈良の旅exclamation&question番外家建築編,目指せ1日18単位(1440Kcal)!!糖尿病キャリア30年超のお義父ちゃんの毎日の食事の記録。と、そこはかとない旅の記憶。" />

2006年11月17日

喜寿祝exclamation奈良の旅exclamation&question番外家建築編

恐れ入りますが、今回は建築・インテリアに興味のない方は、
どうぞ素通りなさってくださいませ。
ほとんどが奈良ホテルの記録写真です。人間は全く写っていません。






さて、
この旅の(私個人の)最大の目的は奈良ホテル宿泊です。
なぜ宿泊したいかというと、客室をじっくり見たいから、です。
レストランや宴会場や他のお部屋に関しても、
宿泊していると、ゆっくり見る時間もあるし、
なにしろ気兼ねなしに(割と)大きな顔をして
見て廻ることができるからです。
ええ、建築・インテリアマニアです。
壁やテーブルは叩いてみます。
素敵な空間に入るとワクワク、ゾクゾクしてきます。


前置きはこのくらいにして、早速写真集をご覧ください。
後半に寺社写真も少しあります。


奈良ホテル

KICX5398-sa.jpg
奈良ホテル/本館エントランス キャノピー

KICX5268-sa.jpg
奈良ホテル/本館ツインルーム 天井・照明

KICX5273-sa.jpg
奈良ホテル/本館ツインルーム マントルピースと絵画 暖炉は使用不可

KICX5281-sa.jpg
奈良ホテル/本館ツインルーム 入り口ドア上の排煙(?)窓の開閉システム

KICX5285-sa.jpg
奈良ホテル/本館ツインルーム 暖房器具(熱源はスチームですかね)

KICX5286-sa.jpg
奈良ホテル/本館ツインルーム 浴室バスタブ

KICX5288-sa.jpg
奈良ホテル/本館ツインルーム ベッドまわり

KICX5295-sa.jpg
奈良ホテル/本館桜の間 ラウンジ(談話室という感じ。オセロがある)

KICX5296-sa.jpg
奈良ホテル/本館廊下 消火器BOX壁埋込 つるはし常設

KICX5310-sa.jpg
奈良ホテル/本館廊下 JRのパンフ棚

KICX5313-sa.jpg
奈良ホテル/本館ロビー見上げ

KICX5323-sa.jpg
奈良ホテル/本館ロビー見下げ

KICX5337-sa.jpg
奈良ホテル/本館The Bar(ザ・バー)入り口

KICX5343-sa.jpg
奈良ホテル/新館和食レストラン花菊 天井照明

KICX5365-sa.jpg
奈良ホテル/本館レセプション

KICX5366-sa.jpg
奈良ホテル/本館ロビー正面売店

KICX5367-sa.jpg
奈良ホテル/本館エントランス ドア押し板

KICX5375-sa.jpg
奈良ホテル/本館エントランス サービスドアロッククレセント

KICX5376-sa.jpg
奈良ホテル/本館The Bar(ザ・バー) テーブルとメニュー

KICX5381-sa.jpg
奈良ホテル/本館The Bar(ザ・バー) カウンターまわり

KICX5382-sa.jpg
奈良ホテル/本館The Bar(ザ・バー)

KICX5414-sa.jpg
奈良ホテル/本館メインダイニング三笠 天井照明

KICX5416-sa.jpg
奈良ホテル/本館メインダイニング三笠 マントルピース


奈良ホテルはココまで。
もう、写真では表現しきれるわけがありません。
やはり行って見てください!!!!!


三輪そうめん山本

KICX5435-s.jpg
現代アート的中庭

KICX5436-s.jpg
お庭を眺めるホール 3mもあろうかという杉一枚板のテーブル


むくり屋根の建築も落ち着いた雰囲気で素敵でした。
設計施工は竹中工務店のようです。




日本建築の聖地 法隆寺

KICX5442-s.jpg
中門越しの五重塔

KICX5446-sa.jpg
KICX5446-sa-2.jpgKICX5446-sa-1.jpg

南大門を入り、中門までの参道の左右に並ぶいくつかの小さな門は、
小さいながらも、かなり装飾的な鴟尾(しび)、鬼瓦も載っていて、
また降棟(くだりむね)があり、降り鬼もいる。
のし瓦もとても凝っていて素敵です。



長谷寺は京都清水の舞台に勝るとも劣らない(やっぱ劣るかしら?)
絶景な眺めの舞台があったり、
新築完成したばかりの納骨堂の屋根など、解説したいものはたくさんありましたが、
なんせカメラが電池切れで全く写真が撮れず。。。
またいづれ、ということで。

長々とお付き合いありがとうございました。


posted by はるか36 at 14:13 | Comment(6) | TrackBack(0) | 旅-domestic
この記事へのコメント
やっぱりいいねー。奈良。
一度しか泊まったことは無いけれど、
奈良ホテルのルームサービスの雑炊とハンバーグが絶品でした。
和食の朝ごはんも器が美しくて美味しかったし、
バーの喫茶タイムのケーキも美味しかった。

奈良ホテル、もう一回行きたい。
でも、菊水楼や四季亭にも興味が・・。
Posted by 未来 at 2006年11月17日 15:53
素敵ですねー。こんな旅館があるなんて。
いつかは泊まってみたいです。名前覚えましたよ。
木の色がいいですね。ロビー、バーの感じがとっても惹かれます。古さがとっても新鮮です。ホテルとなってますが靴を脱いで入るのですか?
Posted by utako at 2006年11月17日 16:24
うーむ。。。奈良ホテル、泊まったことがない。
あたりまえかぁ・・^_^;
にゅうめん食べたくなりました!また行こうっと♪
Posted by sperry at 2006年11月17日 18:25
to 未来 さま

もう奈良は、奈良ホテルだけでいーやー。
っていうかお金があるときは。
それ以外は、義姉宅に決めた!!

100周年の3年後に行きますか!


to utako さま

がっつりホテルです。
普通に靴を履いて入れます^。^;
もともと外国人向けの迎賓館だったので、
日本人が見るとムムッ、へん!と思うものも、
たぶん西洋の方々にはOH!オリエンタル!!ということなのでしょう。
明治42年開業で、3年後に100周年を迎えます。
他にも仲間あり!http://www.kanayahotel.co.jp/classic/
でもきっとイタリアにはもっとずーっと古い歴史のホテル、ありますよね。


to sperry さま

住んでいるところの近くの高級ホテルに泊まる。
というのが実は一番の贅沢だったりしますよね。

じつは今回のご飯の最大のHITはにゅうめん、だと思っております。
あまりに美味しくて、出汁を買ってきました。
やはり茹で方なのか、あのコシがでない、、、、
Posted by はる at 2006年11月17日 18:53
奈良ホテル、やっぱりステキですね!
こおいう所って現役で営業してる事にさらに感動しますよね。

私も前から泊まってみたかったのですが、
数年前のドラマ「元カレ」で藤原紀香(主役)が大沢たかお(?)と
逢引に奈良ホテルを利用してるのを見て、

“なぁぬぅ〜!許せん!部屋にこもってHするだけならよそでやってくれ!!!”

と思いましたよ。

以前のバイト先(焼肉屋)の板さん(料亭で6年修行した)が、
「麺全般に茹でた後水で締める時、麺と麺を手でごしごし洗うとコシがでる。」
と、言ってました。
私が見たのはうどんでしたが、
ええっっ、そんなに強く?まるで洗濯物!
というぐらい(短時間ですが)ごしごししてました。
にゅうめんでもお試しください。

私ごとですが、昨日法事が無事終わりました。
前にはるさんに座敷とお膳の数について質問したやつです。
結局、8+8畳に20人でキュウキュウでした。
そして、ヒィーってくらい働きました。妊婦なのに。
大仕事が終わって、これから出産までは少し自分の時間が取れるかな〜と考えてます。

Posted by maiyo at 2006年11月20日 10:42
to maiyo さま

おひさしぶりですね。
あ、先日電話もらってましたね。

「Classic Hotels」のグループで、足を踏み入れていないのは、
日光金谷ホテルだけになりました。
でも宿泊してないところはまだあるので、制覇したいです。
「元カレ」、確かに思いました。やっすいラブホの方が感じ出たのに。
でもきっと、大人になった感、を出したかったのかな!と思ってみてました。
でも許せん!!!

法事、お疲れ様でした。
家の行事を仕切るって、ほんとたいへんですよね。
双子ちゃんがいて妊婦さんなのに、、、頭がさがります。
どうか大事にして元気な子を産んでくださいね。
私はまた次の段階に突入。

ソーメンの件もありがとう。ゴシゴシしてみます。

Posted by はる at 2006年11月21日 08:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。