2006年08月02日

建築家 岸和郎

いやぁ、あついですね。
こんな暑い中、ウチに新しい冷蔵庫が届きました。
入れ替えやら掃除やらなんやらしていたら、出掛ける時間になったので、
急いで車を飛ばしていたら、一時不停止で捕まってしまいました。
不覚たらーっ(汗) 7000円の出費ですもうやだ〜(悲しい顔)
週末は東京で出費の予定なのに、つらすぎるぅ・・・・



さて、本題ですが、
建築家 岸和郎さんの講演を聴きに行ってきました。
『日本橋の家』で建築学会賞をとった時からファンでしたが、
 私にとって有名建築家は、アイドルか俳優みたいなもん!磯崎さんと握手したときは「この手、洗わない!」と思った、、、、
近作については詳しくありませんでした。ので、HPで予習をして。。。


まずは、
久しぶりの本格的な建築講演会に行って、
いまの私(無職のワタシ)にはあまりにかけ離れている
 (働いていても、たいていはかけ離れた仕事しかできないんだけど・・・)
と思い、一刻も早くこの場から去りたい、とよぎったのですが、
岸さんは非常に自然体で柔らかい方で、お話も上手で聞き入ってしまいました。

主に、歴作の説明を主題を呈して語ってくれました。
IN FACTORY  PREFABLIACTION・工場生産・工業製品
ON SITE 場・現場・現場溶接
MIXED STRUCTURE 構造・混構造・構造を形造るものの構造
MATERIALITY 素材・素材性・素材自体の自然な状態

キーワードをあげるとこんな感じでした。
説明すると長いので割愛。

合理性と必然性、あるんだなぁ、、って。
確かに岸さんの建築は無駄がないと思っていましたが、
それは見た目だけではなく、
あらゆる意味で無駄がなく建築がつくられているのだと、
とてもよくわかりました。

あと、
合理的で必然性のある無駄と理不尽
があるのだとわかりました。
もうひとつ、
仕事がたのしそうなこと、
コレが一番いまの私にとってはVITAMIN晴れです。

岸さんと、この企画に感謝します。


そうそう、未来ちゃん、
京都和久傳本店(大徳寺横)の設計は岸さんだそうです。
棟梁は故中村外二さんだそうです。数奇屋の名手。
築後11年くらいだそうですが。京都またさらに行きたくなった。

もひとつそうそう、
次の企画は今週末5日に、伊藤順二さんの講演のようですね。
富大芸術学部(元高短)の先生、そして、
先日までNHKでやっていた「フランス縦断世界遺産・・・・」に出演なさっていた。
うーん、興味あるし行きたいところだけど、
なにしろREALはるかとTDLなのでいけないヮ黒ハート

6日はどこ行こうかなぁ。。。
お台場に行きたいというオカンを説得して、表参道に行こうかなぁ。
岸さんの作品も見たいしなー。
解説後すぐに見にいけるというのはうれしいよね。建築マニアにとっては。




さてさて、あまりに眠い日が続いておりまして、
毎日UPは日をまたいでいます。反省反省。






朝:きゅうりととまと
  厚揚げ焼 (←残す。御昼に1個食べる)
  ジャガイモとエノキのお味噌汁
KICX4113.jpg


昼:そうめん(薬味は、青シソ・しょうが・ミョウガ)
  きゅうりもみ
  朝残した厚揚げ1個
KICX4114.jpg


晩:カレイの煮付け・シシトウ
  カボチャのそぼろあんかけ
  トコロテン(少し残す)
  冷たいきゅうりのあんかけ
KICX4117.jpg

別メニュー
先日のラグー・ボロネーゼの残りで、ラザーニア!
と思ったのですが、ありあまるジャガイモとナスでグラタンに。
ベシャメルソースは手抜きして缶詰で。
上にのせたシシトウの辛味もきいてなかなかの出来でした。
KICX4120.jpg KICX4121.jpg



posted by はるか36 at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | 毎日のごはん━雑記
この記事へのコメント
岸和朗さん、いいですよね。
一見、一般性のありそうなシステマティックな建築に見えるけど、かな〜り職人的な現場技術によって作られた超特殊解の建築ですね。
あれだけの現場溶接なんて、想像するだけでクラクラします...宮大工みたいなもんです。

「日本橋の家」の図面は手書きで味のあるものでした。
Posted by Roberto at 2006年08月03日 15:56
> Roberto さま

>超特殊解

おっしゃるとおりですね。
表参道(青山通沿い)の混構造(1〜3FRC壁、4〜6F鉄板)のビルを
見てこようと思います。
まさに超特殊解!!!

「煮詰まったときはどうされてますか?」
なんていう質問に、

「煮詰まりますよね。どうしようもないですよね。」
「とりあえず旅にでます。」
「年末はいつもバリです。」
などと答えていらっしゃいました。
Posted by はるか36 at 2006年08月03日 21:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/21865732
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。