2006年01月25日

『天神様』の節句

KICX1362.JPG
富山には12/25〜1/25の1ヵ月間、こういうものを飾る風習があります。
女の子が生まれるとお雛様を用意するように、
男の子が生まれると、天神様セットがジジババから贈られてくる。
床の間には2つも3つも菅公の掛け軸がかけられる。
***陰陽師ではあんなに悪者だったのに***
特にそういった風習を重んじる県西部では、
「天神様を3つ掛けなきゃいけないから、床の間は1間半はないと困る。」
なんていう昔ながらのお宅もございます。しんじらんないよねぇ。

どうやら(主に)北陸だけだということを今日知りました。
詳しくは→http://www.aijido.co.jp/michizane04.html


各地方にはなんじゃそりゃー!というようなお祝い事ってありますよね。
昨年末、沖縄に行ったときは『十三歳祝い』
と写真屋さんの看板に大きく書いてあり、
泡盛を買ったお店で聞いてみると、
やはり七五三のように写真を撮ったり、お祝い事をするのだということでした。
今では学校行事になっているとか。

・・・・・・よく考えると、五月の節句も男の子の祝いだ!2回もある。ずるい!!

今日の晩ご飯はお供えのご馳走です。




朝:スクランブルエッグ/生白菜・カイワレ・ミニトマト
  煮豆
  えのきとワカメのお味噌汁
KICX1358.JPG


昼:揚げはんぺん(のようなもの)・ほうれん草おひたし
  サトイモの味噌煮っ転がし
  昆布巻き
  インスタントお味噌汁(トーフ)
KICX1359.JPG


晩:お刺身盛り合わせ
  煮物1(大根・ちくわ・サトイモ・人参・焼豆腐・ぜんまい・白滝)
  煮物2(たら・たけのこ・しいたけ)
  めかぶの酢の物
  鯛の塩焼き(これは今日は多いので食べません。明日ほぐして酢の物にでも)
  そしてビール たまにはいいでしょ
KICX1361.JPG
なぜ、むこう向き(逆さま)かというと、
天神様に向けて置きお供えしているからです。




posted by はるか36 at 19:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 毎日のごはん━ジモネタ富山
この記事へのコメント
こんな風な感じなんだ。
初めて見た・・・。

やはり祖父東京、祖母能登出身だと、
富山の風習にはイマイチ乗り切れていないのかもしれない・・。
あ、でも北陸の風習なら能登でもやってるのかな?
女系家族だから無縁だっただけかなぁ・・。

石川県の風習は結構乗っていた気はするんだけどね〜。
Posted by 未来 at 2006年01月30日 20:29
加賀ではあるらしいですが、能登はどうなんだろう。
確かに、女系家族だと知らない人も多いのかも。
それと、富山でもこんなに大げさなのはやはり西のほうだけみたいです。
Posted by はるか36 at 2006年01月30日 23:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。